Google Drive

3.50.3166.0017

Google Driveはどんなファイルも保存し、他のユーザーやデバイスと共有できるGoogleのアカウントがあれば使用できるオンラインハードディスクです

クラウドストレージサービスを使用することにはたくさんの利点があり、特に仕事や勉強のファイルを様々な場所からアクセスする人にとってはフラッシュメモリーや外付けハードディスクを持ち歩く手間を省くことができます。他にもオンラインにバックアップを保存してストレージユニットが損傷するリスクに備えておきたい人などにとっても非常に有益なサービスです。

GoogleのサービスはMicrosoftのOneDrive、DropboxとAppleのiCloudとともに最も人気で使用されているサービスの一つです。このGoogle DriveはGoogleのアカウントで使用する事が可能なので(Gmail、Google+や他の同社のサービスと同じアカウントです)世界中の何百万人ものユーザーにとってお気に入りのストレージシステムとなっています。

また、これはマルチプラットフォームサービスでありこれはWindowsパソコン向けのバージョンですが他にもダウンロードしてその機能を他のデバイスから使用することも可能で、Mac向けやiPhoneやAndroidなどのためのアプリも存在します。

Google Driveはどうやって機能するか?

このオンラインストレージサービスを使用するのに唯一必要なのはパソコン向けクライアントアプリケーションをダウンロードすることです。ダウンロードが終了したらコンフィグレーションを行いアプリケーションが同期するためのフォルダーを一つもしくは複数設定しましょう。これはつまり何らかのファイルをそのフォルダーに入れたら、そしてネット接続がある場合に限り、そのファイルはクラウドのフォルダーと同期することになります。それ以降他のデバイス、例えばGDriveアプリやウェブからのアクセスでそのファイルへアクセスすることが可能となります。

主な特徴

Dropboxよりも優れていますか?OneDriveよりもですか?Boxと比べてどうでしょうか?実際のところそれら全ては非常に類似しています。しかしどれを選ぶかはどのアプリケーション、電子メールさらにはデバイスを使用するかによって優劣が変わります。例えば、OneDriveのMicrosoft OfficeとのインテグレーションはGoogleのDrive以上の利点を持っているケースが有り、このオフィススイートを使用しているなら特にそうです:

  • クラウドにファイルを保存しましょう。自分のオンラインスペースにファイルをアップロードしてどこからでもどんなデバイスからでもアクセスしましょう。
  • コンテンツを他のユーザーと共有できます:リンクをパブリックでもしくは特定のユーザー向けに共有しましょう。
  • チーム作業ができます:Google Docsにアクセスして協力してドキュメントを編集したり計算シートやプレゼンテーションの作成が可能です。
  • 開始すると15GBまでの無料ストレージがついてきます。
  • Google+からマルチメディアコンテンツを同期しよう。
  • 変更履歴。
  • 30ものことなるファイルフォーマットを開くことができます。

Google Driveはどれほどのストレージ容量を提供するか?

このサービスは3つのプラン設定があり、その一つは無料で他の2つは有料です。それぞれが異なる容量のオンラインハードディスクを提供しています:

  • 無料Drive:15GBのスペース。すべてのGoogleユーザーがデフォルトで使用できます。電子メールアカウントからアクセスできます。
  • 100GBDrive:月に250円もしくは年間2500円。100GBまでのスペースを使用できます。
  • 1TBのDrive:さらなるオンラインスペースのために1TBまで使用できます。これはビジネスや企業向けのプランです。値段は月に1300円もしくは年間で13000円です。

どちらにせよ、制限されているスペース容量で、ビジネスや学生が主要ターゲットであります。Google Apps for Educationのサービスを構成しています。

最新バージョンの新機能

  • パフォーマンスの工場とエラーの修正。
条件と追加情報:
  • ソフトウェアを事前に使用するにはGoogleがユーザーアカウントを有効化する必要があります。
Google
先週
07/06/20
1.2 MB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続